スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭・・・

先日、夕方のウォーキングをしていると
どこからともなく祭の太鼓やお囃子の音が・・・

どうも祭が近いらしい

この辺りでは“石取祭”と言うお祭りがあるらしい・・・



【神戸石取祭(かんべいしどりまつり)】
神戸石取祭は三重県鈴鹿市神戸地区で行われる祭り。
元々あった地元の夏祭りに、桑名より石取祭車を譲り受け合わさって現在の形になった。

この神戸宗社の祭は毎年7月最終の日曜日の前々日(金曜日)から日曜日深夜まで行われる。
金曜日は(叩き出し)であり、土曜日は試楽日であり、日曜日は本楽日である。
神戸石取祭は桑名市に次ぐ規模の祭車8台で行われる。

8台の祭車は
常磐町、北萱町、南萱町、六郷連、東町、地子町、関町、北新町
の8地区より送り出される。


【石取祭とは】
桑名宗社の奇祭である。

桑名宗社(くわなそうじゃ)とは・・・
三重県 桑名市 本町にある神社であり桑名神社(三崎大明神)と中臣神社(春日大明神)の両社から成り
桑名の総鎮守社 として篤く崇敬されている。
正式名称の桑名宗社より、「春日神社」、「春日さん」の通称が多く用いられ、親しまれている。

春日神社の流鏑馬神事の馬場修理のため、町屋川から石を運んだのがはじまりといわれ ている。
毎年8月の第1日曜日の前日の午前0時、30数台の祭車が一斉に打ち鳴らす鉦や太鼓の音は、何もかも吹き
飛ばす勇壮無比な音色。
日本一やかましい祭りと称され、各町内の祭車が旧東海道などを練り歩き、祭車は見事な彫りの彫刻に漆を
塗ったもので豪華な天幕をつけ、勢揃いする様は一見の価値がある。
300年前の神事から町衆の祭へと様変わりした奇祭は、絢爛豪華な祭車はもとより「祭典取締規則」なる
憲法まで存在するほど、地元の人々の財産として守られている。

(Wikiより抜粋)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


プロフィール

jock45

Author:jock45
趣味を思いっきり・・・
悔い無く(^^)v

QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
ご連絡はこちらから
いろいろ趣味の情報交換をいたしましょう!!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。