スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うんうんo(*⌒―⌒*)o・・・

マツダ RX-7、2017年に復活へ…開発主査が明言

マツダが2002年、生産を終了したスポーツカー、『RX-7』。
同車の復活が2017年に決 定したと、海外の自動車メディアが報じて
いる

これは10月31日、オーストラリアの自動車メディア、
『THE MOTOR REPORT』が伝えたもの。

同メディアのインタビューに応じたマツダのスポーツカー担当主査、
山本修弘氏は、「次期RX-7を2017年に発表する計画だ」と明かした
というのだ、

2017年といえば、マツダの伝説のスポーツカー、『コスモスポーツ』
の誕生50周年の節目。

これを記念する形で登場するのが、次期RX-7になるという
ところで、RX-7といえば、ロータリーエンジンを積むのが特徴。

次期RX-7の心臓部は、どのようなエンジンになるのか、山本氏に
よると、「16X」と呼ばれる次世代ロータリーエンジンを次期
RX-7は搭載。

排気量は『RX-8』の1.3リットルよりも大きい1.6リットルの
直噴自然吸気ユニットでSKYACTIVなどの最新テクノロジーを導入。

欧州で2015年から施行される排出ガス基準、「ユーロ6」を満たし
ながら、300psレベルの最大出力を引き出すという

また、次期『ロードスター』用の車台を基本としながら、アルミ素材
の積極採用などにより、軽量化を推進するのも次期RX-7の特徴。

次期RX-7の車両重量に関して、山本氏は先代RX-7(FD型)の
1310kgよりも軽くする。

トヨタ『86』(1250kg)と同レベルを目指す」と話したとのこと
時代が求める環境性能に配慮しながら、ピュアスポーツカーとしての
運動性能も追求する次期RX-7。

気になる価格帯について、山本氏は、「次期RX-7はプレミアム
スポーツカー」

価格は日産『フェアレディZ』(日本国内ベース価格は367万円)
よりは上になるだろうと、同メディアに語っている
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


プロフィール

jock45

Author:jock45
趣味を思いっきり・・・
悔い無く(^^)v

QRコード
QR
検索フォーム
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
最新トラックバック
ご連絡はこちらから
いろいろ趣味の情報交換をいたしましょう!!

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。